Amazonオーディブル|2か月無料キャンペーン開催中! >CLICK!

キッチンリセットは食洗機を活用してラクしよう|すっきりシンクをゆるーく維持して習慣化

キッチンリセットは食洗機を活用してラクしよう|すっきりシンクをゆるーく維持して習慣化

本サイトにはプロモーションが含まれています

キッチンがいつもごちゃごちゃ。

そんな時は「キッチンリセット」の習慣がベストです。

でもせっかく綺麗にしたキッチン、後から洗い物が出てきたりしてまたやり直し、ってよくあること。

ちびあさぎ

やる気も削がれちゃいますね

浅葱

そんな時は食器洗い機を活用します

キッチンリセットは“ゆる~く”気負わずにやることが続けられるコツ。

それには意外にも食器洗い機が役立ちます。

この記事はこんな人におススメ
  • いつもきれいなキッチンを維持したい
  • キッチンリセットの習慣が続かない
  • ラクしてすっきりしたキッチンにしたい
目次

キッチンリセットとは

キッチンリセットとは

キッチンリセットとは一日の終わりにキッチンカウンターやシンクを綺麗な状態に戻すことです。

  • 汚れをその日のうちに綺麗にして沈着を防ぐ
  • 翌朝スッキリしたキッチンで作業できる

といったメリットがあります。

キッチンリセットを行うことで、汚れやすいシンク周りもいつも清潔に保つことができ、モノを置かないスッキリとしたキッチンを維持できるようになります。

毎日の習慣にすることで、キッチンはいつもきれい!

でも食器を洗った後から洗い物が増えたり、リセットしてからキッチンを使う用事ができたり、イレギュラーなことは起こりがち。

毎日続けるのって結構むずかしいです。

ちびあさぎ

毎日続けるのは大変!

そこで活躍するのが“食器洗い機”です。

続けるのが難しいキッチンリセットの習慣を、食洗機を活用してカンタンにしてしまいましょう。

食洗機を活用!我が家のキッチンリセット手順

  • 夕食後、食器を食洗機に入れてスイッチON
  • 終わったら食器を取り出して乾かす
  • キッチン・シンクを拭く
ちびあさぎ

実際の行動はたったの3分くらい!

食洗機の稼働時間が1時間くらいありますが、もちろんその間はほっといて他のことをしてもOK。

なので実際のキッチンリセットにかける時間は毎日3分くらいです。

ゆる~くやることが毎日続ける秘訣。

頑張ってキレイにしようとしないで、可能な限りラクしましょう。

とっても大事なことです。

食器はまとめて食洗機へ

キッチンリセットが失敗する要因は「めんどくさい」のせい。

特に仕事から帰ってきたら夕食後の片付けなんてしたくありませんよね。

でも「明日でいいや」なんて先延ばしにしてしまうと習慣化が途切れるきっかけに。

浅葱

疲れてるともう何もやりたくない……でも……

食洗機があれば食器を放り込んでスイッチを入れるだけ。

簡単だし、キッチンリセットが途切れることもなくなります。

食器を拭く手間もなし

食洗機は高温のお湯で洗浄するので、終了直後に取り出せば放置しているだけで数分で乾いてしまいます。

面倒な食器を拭く手間もありません。

乾きにくいプラスチックも、ちょっと水滴を振り飛ばしてやればあとは自然乾燥できます

乾いたらしまうだけ。キッチンスッキリ。

そのまま放置しても、まとまっているのでごちゃごちゃした印象になりません。

もちろん食洗機の乾燥機能を使ってもOKです。

タイマーで夜中に稼働するほうが乾燥を含めても電気代がオトクになる電気契約もあります。
それぞれの家庭に合った方法でコストを節約したいですね。

最後にシンクを拭く

キッチンの水分をすべてふき取るのがキッチンリセットのキモ。

蛇口からはじめ、キッチンカウンター、そしてシンクを拭きとりましょう。

浅葱

ここは大事なので欠かさずやります

ちびあさぎ

水分を残さないのがポイント

たとえすぐキッチンを使ってしまい再度濡れても大丈夫。

一度拭きあげることで目に見えないこびりついた汚れを落とし、再付着しにくくなります。

“一度拭きあげた”という点が重要です。

うちでは1枚の布巾で蛇口→キッチンカウンター→シンクの中の順でふき取り、最後に洗濯機にポイ。

入浴後の濡れたタオルとともに夜に洗濯しているので、布巾も汚れたりカビたりしません。

夜に洗濯できない!濡れた布巾を放置したくない!という方は、キッチンペーパーでふき取る方法も。

水に強いペーパータオルならキッチンの水分をすべてふき取り、最後にゴミ箱へポイでOKです。

洗って使えるペーパータオルの紹介はこちら

シンクに生ごみ等がたまっていればついでに綺麗にします。

これもゴミ受けのステンレスネットをひょいと持ち上げてポイでおしまい。

シンクの生ごみ処理が5秒で終わる方法はこちら

毎日拭いていればセスキやアルコールスプレーなんて使う必要もなく、掃除の時間がとられません。

むしろ問題が無ければ除菌スプレーとか使っちゃダメ!って言いたいくらい。

除菌などをきっちりしている人の方法をみるとつい「自分のキッチンもしっかりしたい」と参考にしたくなりますが、それよりも毎日続けることを念頭に置いて、なるべく簡略化しましょう。

キッチンリセットに食洗機を活用するメリット

後から食器が増えてもOK

夕食後に綺麗にしたはずのキッチン、食器も全部洗ったのに後から洗い物が増えることってありますよね。

シンクやカウンターにモノが置いてある状態はキッチンリセットになりません。

キッチンリセットで一番難しいのは「キッチンにモノを置かない状態を維持すること」です

だからといってその都度洗ってなんていられませんよね。

そんな時は食洗機の中に入れてしまえばOK

洗い物を食洗機の中に隠してしまうことにより、何もないきれいな状態を維持でき、キッチンリセットの効果が続きます。

浅葱

キッチンに何もない状態であることは思いのほか重要です

次の日の朝食後など、洗い物が溜まってからまとめて洗っちゃいましょう。

入れっぱなしで大丈夫?

一晩洗い物を入れっぱなしにしても大丈夫でしょうか?

食洗機の中は湿度の高い密閉された空間なので、少しニオイがしてしまうかもしれません。

しかし高温で洗浄するため、仮に雑菌が繁殖しても洗浄後に残ることはありません。

とにかくラクに

キッチンリセットは毎日の習慣にすべきことなので、とにかくラクに、考えうる限りラクにできるようにすべき。

浅葱

仕事帰りでくたくたで「な~んにもやりたくない」な状況でもできるくらい簡略化することがベスト!

食洗機があれば大半のことをお任せできるので、自分でやることといえばシンクを拭くことくらい。

これくらいなら毎日できますよね。

このために食洗機を買ってもいい

食洗機は長らく日本の家庭に合わないとされてきましたが、今では普及率もかなり上昇し、3割以上の家庭で食洗機が使われています。

内閣府の調査では、日本の家庭での食洗機普及率は34.4%です
2021年3月末時点・2人以上の世帯が対象

水道工事不要で置くだけで使えるタンク式の食洗機や、一人暮らしでも使えるタイプも増え、今後ますます食洗機が普及していくと思います。

だったら利用しない手はないですよね。

光熱費・水道代も手洗いより食洗機のほうがコストがかからないので、本体料金も数年でペイできます。

ちびあさぎ

キッチンリセットのために買ってもいいくらい!

とにかく面倒な手順をなくし習慣化することが第一。

食洗機をうまく活用してキッチンリセット習慣を続けましょう。

目次