圧縮ゴミ箱を自作!かさばるを解決するお手軽DIY工作【材料費無料】

圧縮ゴミ箱を自作 ダンボールで簡単DIY 生活・お役立ち

ゴミ箱がすぐにいっぱいになります。(切実)

 

一人暮らしなんだからゴミの量そんなに出ないはずなのになんなん?

こうなるとゴミ箱の袋をセットしなおすので、地味に手間。めんどう。

せっかく大容量ゴミ箱にしたのに・・・

 

でもよく見ると押し込めばもっと入る。

ふんわり入ってるだけだこれ。

ポテチ袋とか卵のプラ容器とか無駄にかさばってて、つぶせば入るじゃん!

 

と思って押し込んでみると・・・すぐ元に戻る。

もっかいつぶす→すぐ戻る。

・・・

・・

Σヽ(`д´;)ノ うおおおお!ゴミ袋だって無料じゃねーんだぞ!もっと入れよ!

 

とまあこんな風にゴミ箱がすぐにいっぱいになって困ってる人、僕のほかにもいませんか?

今回は解決するためのゴミ箱を自作してみました。

段ボール工作なので、DIYとかやったことないという人でも簡単。カッターがあればできます。

材料費も基本無料w

(ただし見た目を良くするために100円ショップの道具を使っています。)

 

スポンサーリンク

かさばるゴミ 圧縮しても元に戻ってしまう

やっぱり大した量もないのにゴミ箱にゴミが入りきらないっていうのは、

  • こまめなゴミ出し面倒くさい
  • ゴミ袋代がかかる

といった点が厄介です。

でも押し込んでも押し込んでも戻ってしまうから無理。

んじゃどう押し込めるか、重しを置くか?つけもの石みたいに。

でもそれじゃごみを捨てる時に毎回どけなきゃいけなくてさらに面倒。そんなことするくらいならこまめに袋取り換えるほうがまだラクです。

圧縮できるゴミ箱 こんなものもあるのか!

ならどうするか。と思案していたところ、こんなものを見つけました。


Joseph Joseph (ジョセフ ジョセフ) ペダル式ゴミ箱 ステンレス 30L ゴミを1/3に圧縮するゴミ箱 クラッシュボックス 30030

メーカー曰く、1/3に圧縮されるとのこと。

これの良いところは圧縮してつぶすにもかかわらず重しを置いてるわけじゃないので、ごみを捨てる際に面倒なことが無い点ですね。

しかも外観もスタイリッシュです。

 

こんな商品があるなんてことは、ごみふんわり問題は人類共通の悩みってことかな?

 

でも、ホントに圧縮されるの?膨らんで戻ってくるんじゃない?

それと・・・・高い!
Σ(=’□’=)2万円以上だと!?

浅葱の住んでいる地域の有料ゴミ袋(可燃ごみ)は40ℓで40円です。

1/3に圧縮が真実だとして、本来1回の袋交換につき約26円の節約。

2万円以上をペイするには、1000回近く!何年かかるんだ!

 

使用感を考慮せずに金額比較するのも自分でもどうかと思いますが(袋交換の手間が少なくなるメリットもあるわけですし)。

でも貧乏浅葱にとってゴミ箱に2万円超は高すぎます。

[ちなみにリーズナブルな圧縮ゴミ箱もあるようです]

 

圧縮しても元に戻らないメカニズムを解明!

あきらめて我慢しようかと考えていたところに、一つの糸口が見つかりました。

最近リメイクしたうちのゴミ箱の一つです。

ティッシュ一体型ゴミ箱

本来車内用のティッシュ一体型のミニゴミ箱です。

箱ティッシュが入っているので、サイズ感も想像できると思います。

使い勝手が良いので車を手放した後も室内で使い、ひび割れたり汚れたりしてもペンキを塗ってリメイクして使っています。

うちの20年目選手です。

 

で、このゴミ箱に限ってはあまりゴミがふんわり戻ってこないんですよ。

 

ちょっと紙ごみを押し込んで、ふんわり戻ってくるかを確かめてみました↓

ゴミ箱圧縮実験

押し込まれたままになってる!セーフ!

これはつまり、細いゴミ箱なので内壁との摩擦がある、または内壁が膨張を阻害して圧縮されたまま戻らないと考察できます

ということは・・・

細いゴミ箱ならふんわり戻る現象を解決できるかも!!



圧縮ゴミ箱を自作してみた DIYというほどでもない段ボール工作

というわけで、広口でないスリム型のゴミ箱ならいける!と思い自作してみることにしました。

縦に細長いゴミ箱だと容量も限られてしまうため、薄いスリムな形状にしました。

材料はこちら。

圧縮ゴミ箱材料

缶飲料の箱2つです。

大きさ違いですっぽり入ります。

圧縮ゴミ箱材料02 圧縮ゴミ箱材料03

買い物袋もしっかりセットできるサイズ。小さい方はこのまま使います。

大きいほうは底を抜き、

圧縮ゴミ箱作業1

もう片方の底もこんな感じに切り取ります。

圧縮ゴミ箱作業2

そしてかぶせるように重ねれば完成!

圧縮ゴミ箱完成

(重ねたのは外からゴミ袋が見えにくくする工夫です。)

外観は後から何とかします。

圧縮実験してみました

かさばりやすい卵のケースやスーパーのお惣菜のプラケースです。

プラゴミ

これを入れてみました。

圧縮実験1

もう8割方埋まった・・・

これを圧縮!
♪圧縮(o゜▽゜)o┫Σ( ̄□ ̄;)┣o(゜▽゜o)圧縮♪

圧縮実験2 圧縮実験 上から

なんと、1/3以下にちゃんと圧縮されました!戻ってきません!

圧縮実験横から

横から見ると中のゴミが見えません。

 

o(・∇・o)(o・∇・)o 大成功!

外観をペイント

さすがにこのままだとカッコ悪いのでちゃんとします。

カラーボックスの一角にうまく溶け込めたでしょうか。

スリムタイプだから省スペースです。

今回はお手軽にペンキでペイントしました。

これだとペイント代は数十円くらいです。

隠れてる部分は塗っていない手抜きっぷり!

時間があるときにステンシルなどでさらに外観を加工しようと思います。

 

リメイクシートを貼ればもっと見栄えは良くなり、リビングなど人が集まる場所で使うこともできるようになります。

ダンボールDIYのメリットは失敗を恐れず自由に加工できることですね。

スリム型ダストボックス 市販品はスタイリッシュで機能的

というわけでゴミ箱すぐいっぱいになる問題に一つの解決法が見えました。

ですが、

「解決方法はわかった。だが作るの面倒!」

「リビングに空き箱で作ったゴミ箱なんかカッコ悪くて置けないわ。」

という声もあるでしょう。当然です。

というわけで市販のスリム型ゴミ箱を探してみました。

[スタイリッシュなうえにカスタマイズパーツが多い!]


[キャスター付きでスリム!]


[シンプルイズベストを体現した商品!]


市販のスリムタイプのダストボックスは、ほとんどのものが

  • シンプルでスタイリッシュなデザイン
  • 省スペース
  • 機能的

という共通の特色があります。

どんな生活スタイルにもピッタリですね。

それと評価レビューが高い商品が多い気もします。
シンプルなものは使い勝手もいいのでしょうね。

もう一つ作っちゃいました

今回はDIYというほどのものでもなく、工作レベルでしたがどうでしょうか。

段ボール製でも外側をきちっとすれば見栄えも良くなります。

それとスリムタイプには省スペース化など他のメリットもあることが分かりました。

 

作ってみると意外に便利だったので、もう一つ作っちゃいました。

例によってペイントは後回し

今度はスライド式に取り出します

棚につるしてデスク下へ

大満足!(自己満足)

ちなみにゴミふわっと問題の対策の一つとして、家で一番大きいゴミ袋を交換する時に家じゅうの小さいゴミ箱のゴミを入れて回ることによって、大きいゴミ袋に詰め込んで出せるという至って普通の対策もあります。併用して使ってみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました