配線スッキリ!ケーブルカバーを賃貸の壁を傷つけずに貼るにはマスキングテープで

ケーブルモールを賃貸の壁を傷つけずに設置する方法 生活・お役立ち

配線がごちゃごちゃしてきたない!

テレビなどの配線が見えていると思いのほか見栄えが悪いものです。

それに掃除の邪魔にもなりますし。

小さい子供やペットがいる家庭でもトラブルのもとになりますね。

そんな配線をスッキリする方法の一つが「ケーブルカバー(配線カバー)」を使うこと。

ケーブルカバーを賃貸で使用する

見た目も整ってごちゃごちゃ感から解放されます。

でもこれって、壁や床に固定しますよね。

賃貸住宅でも使えるの?壁とか傷まない?

壁が傷まない方法、あります。

賃貸住宅でも使えるカーブルカバーの裏技を紹介します。

 

スポンサーリンク

ケーブルカバー(配線カバー・ケーブルモール)とは

見た目が悪い電化製品の配線、ケーブルカバーを使って見た目をスッキリさせる方法があります。

ケーブルカバー(配線カバー、ケーブルモール)とは、このように配線コードを覆う筒状のカバーです。

どうしても見えるところを横断させなければいけないときに使うと、

  • 見た目のごちゃごちゃ感を隠す
  • 配線の引っ掛けによる転倒を防ぐ
  • ペットのかじりつきを防止する
  • 掃除をしやすくする
  • 踏みつけによる断線を防ぐ

などの効果があります。

 

高いものではありませんし、何度も使えるので、一般の家庭でも積極的に導入してほしいモノですね。

何度も使えるんだ!

 

配線カバーは両面テープで固定する商品が多く、はがして何度でも設置できます

くぎや接着剤で固定するわけではありませんので、引っ越しや模様替えなどで配置を変えることもカンタンです。

意外と盲点でしたが、固定してしまえばそれっきり動かせないと思っている人は結構います。

恥ずかしながら自分もそうでした。

配線を固定する器具には金具で留めるものもあるので、その印象に引っ張られたのでしょうか。

 

家具を買い換えたら配置も変わるので、カバーで固定したらめんどくさい!とか思ってました。

それと引っ越しの時。今きちんと配線対策をしても数年で引っ越しならもったいないと感じてしまうじゃないですか。

でも大丈夫。つけ替えは容易です。

つけかえるのがカンタンなら賃貸住宅でも使えますね。

賃貸住宅でケーブルカバー(配線カバー、ケーブルモール)を設置する方法

付け替えがカンタンといっても、両面テープで壁とかに貼ったら傷まない?といった疑問は出てきますよね。

そんな時はマスキングテープを使って対策できます!

マスキングテープはおしゃれ感覚で使われることも多くなりましたが、もともとは塗装の保護などに使われる、一時的に貼っておくための養生テープ。

つまり粘着力が弱めになっていて壁に貼っても傷まないようにできてあるんですね。

粘着力が弱いので、これを使えば壁に貼ってもはがれ跡が残りません。

壁面用の両面テープも存在しますが、マスキングテープを使うほうがリーズナブルです。

無地のマスキングテープなら100円でかなりの長さ使えます。

賃貸でケーブルカバーを設置する手順

  • STEP1
    マスキングテープを壁に貼る
    マスキングテープで賃貸の壁を傷つけない
    ケーブルカバーを設置する場所にマスキングテープを貼ります
    ついでに壁にダメージがないか目立たないところで確かめます
  • STEP2
    ケーブルカバーの長さを合わせる

    貼ったマスキングテープにケーブルカバーを合わせていきます
    長さに応じてカット!
    多くのカバーははさみでもカットできます
  • STEP3
    ケーブルカバーに両面テープを貼る

    もともと貼ってある商品もあります
  • STEP4
    カバーの下部分を貼り付ける

    壁に貼ったマスキングテープの上に両面テープで貼り付けます
    その後、コード類を入れていきます
  • STEP5
    上フタをして完成

    コードを入れたらフタをしておしまいです

 

最初に壁にマスキングテープを貼ります。

その上から両面テープで貼り付けることによって、粘着力の弱い両面テープのようにするんですね。

マスキングテープが必ずしも壁にダメージがないとは限らないので、目立たないところで確かめてから本貼りをしましょう。

完成ビフォーアフター

設置前

設置後

スゴくスッキリ!

想像以上にスッキリします。

掃除などもやりやすくなりますし。

インテリアは見た目の影響が大きいので、コードが引っかかるなどの直接の被害がない場合でも配線を隠す効果は予想以上です。

ケーブルカバーのプチ技

切断したいとき

細いケーブルカバーを切断するときはカッターナイフでOK。

カッターで切れ込みを入れておき、ポキッと折る感じで切断できます。

太いものやきれいに切断したい場合は小型ののこぎりなどを使いましょう。

ピッタリの色がない場合もマスキングテープでリメイク

壁や床に近いカラーのカバーを買うことで目立たなくなりますが、ピッタリの色が売っていなかったりお値段が高かったりすることもあります。

そんな時は壁や床の色と近い柄のマスキングテープを上から貼り、リメイクしましょう。

お手軽に目立たなくできます。

今回購入したパーツとかかった費用

今回購入したパーツは以下の通り。

  • ケーブルカバー(2号サイズ)1m:198円
  • 両面テープ:98円
  • マスキングテープ:88円

計:384円

全てホームセンターで購入。両面テープとマスキングテープは一つ買えば数十メートルあるので、配線を隠すエリアが長くても大丈夫です。

 

ケーブルカバーのサイズ(太さ)は中に入れるコードの本数や太さで決めましょう。
サイズは0号が一番細く、1号、2号と増えるにつれ太くなっていきます。

 

ちなみに自分はケーブルカバーのような専門的な商品はホームセンターに行けば必ず揃うという思い込みがありましたが、実際のところそうではありませんでした。

ホームセンターの品ぞろえはあてにならない!?

ケーブルカバーは売れ筋商品ではないので、店ごとの品ぞろえや在庫に大きなばらつきがあるのが現状です。

大きめのホームセンターが近くにない場合は、素直にネット注文したほうが良いかもしれません。

ネット注文だと1本だけの購入は難しいですが、逆に1本当たりの価格はホームセンターで単品購入するより安くなります。
サイズによっては1本100円くらいになるものも!

またケーブルカバーは100円ショップでも取り扱いがある場合もあるので、種類を問わないならそちらで探してみてもいいかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました