【1000円以下】コスパが良い低価格な電動歯ブラシを1年使ったレビュー【SEAGO(シーゴ)】

弾道ハブラシシーゴレビュー 生活・お役立ち

安い電動歯ブラシって性能どうなの?

コスパいいの?それとも安かろう悪かろうなの?

こんにちは。10種類以上の電動歯ブラシを試したことのある浅葱です。

 

電動歯ブラシって価格差に大きな開きがありますね。

高いと1万円超えなのに安いと千円でおつりがくる、性能もこれくらい差があるのかと気になりますね。

歯は大事だからお金はかけてもいい、でも安く済むならそれに越したことはないというのが万人の考えではないでしょうか。

 

そこで安いハブラシを使ってみての感想をレビューします。

今回紹介するのは『シーゴ』というメーカーの音波式ハブラシ。

シーゴ電動歯ブラシ

先に結論を言うと、コスパがいい!性能も満足!ソニッケアーに勝る部分もある!

電動歯ブラシデビューする方は「買い」です。

追記:上位版が販売されました。こちらで紹介。
スポンサーリンク

シーゴ(SEAGO)の性能 スペック


シーゴSG-007スペック
  • 音波式
  • 電源:単4乾電池×1
  • 実用作動時間:60日(1日2回使用時)

音波式の電動歯ブラシで、単4乾電池使用です。

とても軽く、電池の重量を含めても50gありません。卵より軽いです。

マイナーなメーカー故か、安くてもAmazonランキングが低かったりしますね。でも性能まで低くはなかったです。

安い!コスパは抜群!

安いに越したことはない!Amazonで1,000円しません。

しかもその値段でブラシが3本(替えブラシ2本)入ってます

お試しで購入しやすい点があります。

高級メーカーの8~10分の1くらいの値段ですね。

もちろん替えブラシも安いです。

軽くてコンパクト 持ち運びもOK

はじめて電動歯ブラシを使う方はその大きさに違和感を示すものですが、この歯ブラシはとても軽くてコンパクトです。

旅行や職場での使用には有名なポケットドルツなどの持ち運びに特化した電動歯ブラシもありますが、こちらも持ち運びしやすい専用ケース付きの商品もあります。


もちろんポケットドルツのほうがおしゃれでコンパクトですが、 除菌ケース付きでこの値段はやっぱりオトク。

音波式

この手の電動歯ブラシはほとんどが音波式です。

電動歯ブラシの種類
  • 回転式・電動式:歯磨きの際の手の動きを電動にしたもの。表面の仕上がりが一番つるつるになる。
  • 音波式:ブラシの毛先が接しない部分(周囲2mm)の歯垢も取り除ける。
  • 超音波式:細菌のつながりを弱め、歯垢の元となる不溶性グルガンも取り除ける。

もちろん超音波式のほうが高性能なのですが、動きが細かすぎて普通のハブラシのように動かす必要があり、軽くあてるだけで良い音波式のほうが劣っているわけではありません。

乾電池式のメリット

上位のモデルほどリチウムイオンの充電式なので、乾電池モデルは安物と思っている方も多いと思います。

が、声を大にして言いたい。

 

( 」゚Д゚)」<乾電池式のほうがメリットが大きい!!

 

というか充電式にデメリットがあるんですね。

電池の寿命が来ると充電式は買い替えor交換修理です。費用がかかります。

ただでさえ替えブラシが普通のハブラシより高いのに、本体まで数年で交換とかさすがに金食い虫です。

以前使っていたソニッケアーは2年でダメになりました。ちなみに保証期間切れひと月後でした。

たとえ1万円以上する電動歯ブラシでもこうなります。

コスパを考えると乾電池式がおススメ。

エネループなどの充電式乾電池を使えばコストをさらに節約できます。

乾電池式の電動歯ブラシはコスパが最高!ランニングコストはバッテリーが握る!
電動歯ブラシ高いんじゃー!もっと安くならんのか! こんにちわ。虫歯は怖い浅葱です。 ハブラシにはしっかりお金をかけたほうが良い、という意見は正しいと思います。 虫歯になったら治療費はもっとか...

低価格の音波式電動歯ブラシレビュー

浅葱は購入してから1年以上使っています。

今まで使ってきた他の機種などと比較しても使い勝手が良いです。

使用感など

軽くて小回りが利くサイズ

とにかく軽いです。本体も細く使いやすい。

本体が軽いと片手で軽く持つだけで良いため、ブラシを歯に当てる際にも細かな調整ができます

ヘッドも小さく奥まで容易に届きます。とても磨きやすい。

細かいところも磨けるという基本のメリットがあります。

動作音が小さめ

他の有名メーカーの機種と遜色ない動作音です。

スイッチが押しづらいかも

あまり使用してデメリットを感じなかったこの機種の唯一の欠点でしょうか。

スイッチ部分がへこんでいて、指の腹では押せません。爪を立てるような感じで押す必要があります。

押しづらいとまでは言えませんが、慣れないと最初は違和感があります。

1年使ってみての感想

ブラシの消耗

上記にもあるように本体が軽いためブラシを歯に当てる時の力の入れ具合が細かく調整できます。

そのためかブラシのへたりもあまりないです。

シーゴブラシ比較

一年経ったもの(奥)と新品(手前)

一年替えずに使い続ける自分もどうかと思いますが・・・あまり開いてはいません。

本体が太い機種は握るようにして持つため、つい力を入れすぎて歯に押さえつけてしまうんですよね。

そのためブラシが開くのも早かったりして、高い替えブラシをすぐ購入する羽目になることもあります。浅葱はありました。

こちらは軽く歯に当てるという音波式本来の使い方がしっかりできるサイズになっています。

その結果ブラシの持ちも良くなっています。

耐久性

安物だとすぐ壊れるのか?という疑問にはしっかりNOを突き付けられます。

特にこの本体とブラシの接続部分。

多くのメーカーではブラシの押し当てすぎを防ぐためかこの部分に遊びを入れ、固定していません。

接続部分

他メーカーの例。本体とブラシの間にわざと隙間をつけています。

そのためここが年数がたつと緩くなったり異音がするようになることがあります。そうなると買い替えですね。

この歯ブラシは隙間が空いていないため丈夫で壊れにくいです。

ここが固定されているとブラシを押し当てすぎる可能性もありますが、SEAGOは本体が軽いため力の入れ具合が調整しやすいので意識していれば問題はありません。

防水性能

この商品は防水機能は完璧です。

水場で使う商品なので、すべてのメーカーで電池を入れる部分にパッキンがあり水の侵入を防いでいます。

が、ここが弱いメーカーもあるんですよ。年単位で使っているといつの間にか水が入り込んでいたりします。

他のメーカーでも電池がダメになるような事態になったことはないんですが、電池ケース部分が悪臭まみれになった機種はありますね。

ハブラシは唾液が付くので、パッキンが弱いと漏電だけでなくニオイの問題が発生するんです。

この商品ではそんなことありませんでした。

公式でも「お風呂でも使用できる(IPX7)」と書かれています。

“IPX7”は防水規格で「一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない」というグレードになります。

電池の持ち

電池の持ちもとても良いです。

公式では1日2回使用で60日となっています。

浅葱は充電池を使っているためちょっと弱くなったと思ったら替えていますが、それでも約2か月持っている印象です。

あれ?公式データより持ちがいい?

他メーカー低価格帯のおススメは?

SEAGOのハブラシはおススメですが、知名度の低さから躊躇する方もいるかもしれません。

そういった方には「オムロン」のハブラシをおススメします。


オムロンも乾電池式の低価格帯の商品は1,000円台です。

使用感は大差ありませんのでコストパフォーマンスはSEAGOのほうが良いと思います。

一方オムロンは替えブラシの種類が多いという大手メーカーならではのメリットがあります。

オムロンは電池2本使用のためSEAGOより少しだけ重いですが、スイッチは押しやすく快適です。

 

モデルチェンジされました

(2020.3~追記)モデルチェンジしたようです。

現行モデルが生産終了する可能性もありますので、今からご購入される方はこちらの機種のほうが良いかもしれません。

上位機種の変更点
  1. 変わらず安い 1,000円台
  2. 単4乾電池2本使用 でも軽い(電池込み約65g)
  3. 毎分22,000ストローク→40,000ストロークに性能UP!
  4. 残念ながら替えブラシ互換性はなさそう
  5. スイッチの押しやすさなど改善
お値段そのままパワーアップ!

変更点

お値段そのまま

変わらず1,000円台を維持してくれています。替えブラシ2本付き(計3本)もそのままです。

単四乾電池2本使用

パワーアップのためか、電池2本使用になりました。少しだけ重くなります。

本体重量は36.3g。電池を含めると約60gです。
(※メーカーにより重さが違う場合があります。多くの単4乾電池は1本13gです。)

とはいえ軽いことには変わりありませんね。

毎分40,000ストロークにパワーアップ

現状までの約2倍の磨き性能です。

低価格帯の音波式電動歯ブラシは毎分20,000ストロークのものがほとんどですので、基本性能も他社に差をつけた感じでしょうか。

替えブラシ互換性は無し

どう見ても替えブラシが違います。少し残念です。

とはいえこの価格なら許せるかな。

ブラシ自体は先細毛・フラット毛2種類が植毛されていて、性能UPといえそうです。

良いとこそのまま スイッチの押しやすさなど改善

スイッチ部分が押しやすくなっているそうです。

今までのものも問題あるほどではなかったですが、硬い印象があったので。

その他防水性能(お風呂でも使用可能)などは従来通りの様子です。

電動歯ブラシを使ったことの無い人は使うべき!

歯は大事な部分なので高いハブラシを買う気持ちも分かりますし、実際磨き性能も最高レベルですが、とにかく金がかかる!

安い電動歯ブラシでもこのように性能が良いものもありますので、コストを抑えてしっかり磨きたいならこちらが良いかと。

安くて買いやすいので、電動歯ブラシを使ったことの無い人には入門編として特におススメです。

歯医者で歯を赤く染めるヤツの子供用が大人にも便利【歯垢染色剤】
皆さんは歯医者に行ったとき、歯を赤く染める液体を塗られた経験はありませんか? 歯垢に反応して赤く染まり、磨き残しをチェックするやつです。 あれ、自宅でも使いたいと思いませんか? 子供の磨き残しを見たり、もちろん自分...

 

 

タイトルとURLをコピーしました