便座シートの粘着力を復活!剥がれてきたら「貼って剥がせる接着剤」

便座シートの粘着力を復活する方法

トイレの貼るタイプの便座シート、便利ですよね。

つけ外しもカンタンだし、便座裏の掃除もそのままできるし、暖房便座の節電にもなるし、

私も愛用しています。

でもだんだん粘着力が弱くなっていくのが悩みの種。

安物を買って使い捨てにする人もいるようですが、せっかくだから良いものを長く大切に使いたい!

なので、シートの粘着力が復活する方法を試してみました。

スポンサーリンク

便座シートの粘着力復活のしかた

粘着力を復活するには、これを使います。

セメダインの貼ってはがせる粘着剤です。

これはくっつけるだけでなく、貼った後はがしてまた貼ることができる接着剤。

便座シートの粘着面はゴム系の素材、便座はプラスチックなので、この接着剤を使う条件にピッタリです。

「貼ってはがせる粘着剤」使い方
  • 1
    便座シートを洗濯して乾かします
  • 2
    シートの裏側に塗り、薄く広げます
  • 3
    乾かします

    すぐに貼らずにそのまま乾かすことが重要
    7分程度(23℃湿度50%の場合)放置します

  • 4
    貼り付けます

    手で触って糸が引かないようなら貼り付けてOK

これでまた貼ってはがせるようになります。

水にもそれなりに強く、洗濯後も使用できます。

粘着力は永遠ではありませんが、弱くなったらまた付け直せばいいだけです。

スポンサーリンク

便座シート(貼るタイプ)のメリット

トイレの便座には、

  • カバーをつける派
  • シートを貼る派
  • 何もつけない派

の3パターンに分かれます。

私は断然シートタイプ派。ホントに強くおススメしたい。

便座シートのメリット
  • 付け外しカンタン
  • 掃除にも便利
  • 節電になる
  • ふかふかの感触

まずシートは付け替えのめんどくささがありません

貼るだけ。これが大きい。

家事は極力「めんどくさい」を無くすのが大事。

カバーはリング式もスナップボタン式もかぶせる式も、いちいちつけるのが面倒じゃないですか。

それに便座裏にはねた飛び散りで汚れたり、ニオイがついたり。

とにかくめんどくさい。

でもシート式なら貼るだけ!簡単です。

ちびあさぎ
ちびあさぎ

ポイント1:つけ外しカンタン!

それに掃除もラク

便座は表面なんて滅多に汚れません。

汚れるのは裏側です。

便座シートなら貼ったまま便座裏も掃除出来てカンタン。

毎日サッと拭くだけでお掃除の手間なしです。

浅葱
浅葱

ポイント2:貼ったままで掃除ができます

じゃあ何も貼らないほうが良いのでは?という方がいますが、たしかに掃除に関しては何もつけないほうがラク。

でも、何もつけないと便座が冷たいじゃないですか!

夏は良いですよ。夏は。

でもそれ以外は我慢できません!

暖房便座がある?でも電気代がかかりますよね。

ちなみに暖房便座は電気代が毎日10円ほどかかります。

1日10円ちょっと、1カ月で300~400円がかかっている計算です。
(中略)
年間4000円前後の暖気代が暖房便座にかかっていることがわかりました。

7割以上がON!暖房便座の電気代は?おススメの節約術は?:ウェザーニュース

年間約3000~4000円の出費はバカになりません。

たとえ夏にスイッチを切っていても、2000円以上。便座シート代を考えてもシートのほうがオトクです。

便座シートを使えば、節電効果になります

ちびあさぎ
ちびあさぎ

ポイント3:節電効果が高いです

それに、便座シートにはふかふかの商品があるんです。

カバータイプにはないクッション性バツグンのシートはとても人気です。

浅葱
浅葱

ポイント4:ふかふかのクッションはこのあとで紹介!

ふかふかのクッションタイプの便座シート

粘着力を復活させて長持ちできるなら、100均のペラペラシートじゃなく、ちょっといいふかふかのクッションタイプを使ってみませんか?

こんなにボリューム感のあるものは、シートタイプならでは。

座り心地抜群で、ロフトやハンズなど大型雑貨店でも大人気の商品です。

浅葱
浅葱

粘着力が復活できるなら、使い捨てじゃなく、

良いものを長く使うことができますね。

タイトルとURLをコピーしました