電動歯ブラシのサブスクは購入よりオトクなの?大手メーカーと比較【性能・コスパ】

電動歯ブラシのサブスクは購入とどちらがオトク?
ちびあさぎ
ちびあさぎ

歯ブラシのサブスクってお得そうだけど、買うのとどっちがいいの?

サブスクって最初は安いけど、長く使うことを考えると購入したほうが良かったってこともありますよね。

しかし最近話題の電動歯ブラシのサブスクはどうかというと、購入よりコスパが良いみたいです

ひと月にかかる費用や性能を比較してみました。

こんな方にオススメ!
  • サブスクと購入どちらがコスパが良いか気になる人
  • サブスクにかかる費用が知りたい人
  • 電動歯ブラシサブスクのメリット・デメリット
スポンサーリンク

電動歯ブラシのサブスクはいくらかかる?

電動歯ブラシのサブスクとは、月額料金を払って電動歯ブラシが使い放題になるサービスです。

メリット
  • 高価な電動歯ブラシを初期費用がかからずに利用できる
  • 定期的に替えブラシが届けられるので交換を忘れない

最大のメリットはやはり初期費用。

高価な電動歯ブラシは数万円もしますが、サブスクなら最安数百円で始められます。

料金は「本体無料」+「替えブラシ代」となります
※今回は紹介しませんが、本体有料のサブスクも存在します

ちびあさぎ
ちびあさぎ

本体無料!!

本体無料なので、本当に安く済みます。

じゃあ替えブラシが高価でそこで利益を得ているのかというと、替えブラシのほうもたったの300円程度です。

Q:こんなにリーズナブルで大丈夫?

A:大手メーカーの電動歯ブラシを作っている工場と直接契約しているので、中間マージンが発生することなくコストカットに成功しています。

Dentaly公式サイトより引用

サブスクといえば、初期費用は小さいけど長く使うのならば買ったほうがオトクかも?というのが普通でした。

でも電動歯ブラシのサブスクは、長く使っても市販の電動歯ブラシを購入するよりコスパが良いようです。

GALLEIDO DENTAL MEMBER(ガレイドデンタルメンバー)のコスト

GALLEIDO DENTAL MEMBER
ガレイドデンタルメンバーは、月308円(税込)で電動歯ブラシを利用可能なサブスクです。

ガレイドの特徴

  • 月額308円
  • 音波式
  • 振動数37,000回/分
  • モード5種
  • 替えブラシ4種+子供用・舌ブラシ(追加料金有)
  • 本体永久保証
  • 軽量
  • 静音性

ガレイドデンタルメンバーは最安値水準のコスト。

この価格で使えるのは大きなメリットです。

Dentaly(デンタリー)のコスト

デンタリーの特徴

  • 月額330円
  • 音波式
  • 振動数31,000~40,000回/分(振動強・中・弱3種)
  • モード6種 
  • カラーバリエーション3種
  • 替えブラシ2種(追加料金有)
  • 本体永久保証
  • 完全防水
  • 軽量
  • 静音性

Dentaly
デンタリーは月330円(税込)で使えるサブスクです。

少しだけガレイドのほうが安いですが、「振動数切替」「カラーバリエーション」「完全防水」を重視するならこちらに軍配が上がります。

電動歯ブラシサブスクのコストQ&A

Q
本体が故障したら?
A

永久保証なので無料修理です。(ただし送料負担はかかります)

Q
途中解約のペナルティは?
A

お届け3回以下で解約すると手数料約2,000円がかかります。

Q
解約時に電動歯ブラシの返却はどうすれば?
A

返却不要です。

途中解約しても2000円程度の出費で、特に大きなコストデメリットはありません。

本体無料のメリットの方が大きいですね。

基本的には替えブラシ代となる月額300円程度以外の出費は考えなくて良さそうです。

スポンサーリンク

電動歯ブラシを購入する場合のコスト

大手メーカーの電動歯ブラシは性能バツグン!

しかし予想以上にコストがかかります。

有名メーカーといえばソニッケアーのフィリップス、オーラルBのブラウン、ドルツのパナソニック。

どのモデルもエントリーモデルからハイエンドモデルまでありますが、

  • 本体:6,000~25,000円
  • 替えブラシ:500~1,000円

ほどです。

ただしブラシは3か月程度持つため、替えブラシ代に関してはサブスクよりも少しだけ割安になりそうです。

本体の寿命がコスト差になる

買い切りだと本体代金は最初だけなので、初期費用こそ高いものの長く使えば購入のほうがお得になりそうと思いがちですね。

でも本体の寿命は約2年ほどです。

内蔵バッテリーがそれくらいでヘタってきますし、ブラシ接続部も歪んできます。

浅葱
浅葱

私もフィリップスのソニッケアーを使っていましたが、やはり2年過ぎたところでダメになりました。

保証期間を過ぎていたら有償修理となるため、替えブラシ代だけしかかからないというわけにはいきません。

メーカー修理代は平均して1万円以上かかります。

サブスクの場合は本体永久保証なので、故障しても修理は無料(返送の送料のみ負担)です。

このため、長く使ってもサブスクのほうがコストパフォーマンスが上になります。

ちびあさぎ
ちびあさぎ

電動歯ブラシのサブスクは初期費用もランニングコストも安く済むんですね

サブスクの性能比較

コストパフォーマンスはサブスクのほうが上でも、性能が伴っていないと安かろう悪かろうですね。

こちらがメーカー品と比較になります。

タイプ振動数(回/分)
ガレイド音波式37,000
デントリー音波式31,000~40,000
フィリップス超音波式31,000
ブラウン回転式
パナソニック音波式31,000

ブラシが違うので単純比較はできませんが、磨き性能トップはフィリップスのソニッケアーシリーズです。

浅葱
浅葱

金に糸目をつけないという人はソニッケアーの最新モデル一択ですが……

とはいえ最新モデルは本当にお金がかかります。

ガレイドやデントリーも電動歯ブラシとしてかなり優秀な性能。

ヘタにメーカー品の安いモデルを使うくらいなら、サブスクのほうがコスト・性能ともにおススメです。

サブスクならブラシも常に新しい!

ブラシは毛先が開いてくると性能も徐々に低下。
使用直後のブラシと数か月後のものだと2割以上も低下します。

サブスクなら毎月ブラシ交換する習慣がつくので、常に高パフォーマンスの性能を引き出せます。
これも隠れたサブスクの性能メリットですね。

浮いたコストでデンタルケア製品を使うのも手

サブスクなら浮いたお金をフロスや洗口液などの購入に充てることも

歯の健康のためなら高いお金を払ってもいいという方もいるでしょうが、どうせなら歯ブラシにだけコストをかけるより、他のデンタルケア用品を買うのも良いのではないでしょうか。

特にフロスは歯垢除去能力が高く、歯磨きと併用して使っていきたいものです。

コンクールのハミガキジェルは研磨剤も入っていないため電動歯ブラシとの相性も◎。

口臭予防などの効果も期待できます。

電動歯ブラシサブスクの申し込み方法

初期費用もほとんどかからない電動歯ブラシのサブスクは、公式サイトから簡単に申込できます。

電動歯ブラシのサブスク申込方法
  1. 公式サイトから申し込む
  2. 電動歯ブラシセットが届く
  3. 3か月ごとに替えブラシが届く(ポスト投函)

お届けは3か月周期。初回費用も3か月分(例:ガレイドなら308円×3=924円)です。

本体費用がないため、1,000円かからずに始められますね。

GALLEIDO DENTAL MEMBER
ガレイドデンタルメンバーの公式サイトはこちら

Dentaly
デンタリーの公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました