Amazonオーディブル|2か月無料キャンペーン開催中! >CLICK!

べとつかない!洗って繰り返し使えるクッキングシート「シルパン」はパンお菓子作りの必需品

べとつかない!洗って繰り返し使えるクッキングシート「シルパン」がパンお菓子作りの必需品

本サイトにはプロモーションが含まれています

毎朝パンを焼いて暮らしています。

それでいつも思うのが、クッキングシート毎回使い捨てってもったいないよね?

ちびあさぎ

繰り返し使えるクッキングシートがあれば……

浅葱

あります!

なんども洗って使えるクッキングシート、パンやお菓子を作る人にとっても便利です。

目次

洗って繰り返し使えるクッキングシート「シルパン」

「シルパン」という、何度も洗えるクッキングシート。

シルパンとは

何度も洗って使えるオーブンマット。

グラスファイバーにシリコンコーティングされたマットで、耐熱性が高いのでそのままオーブンに入れて使用できます。

網目状になっていて水分が程よく抜けるため、焼成後のべとつきも防げます。

パンや製菓用に、オーブンペーパーの代わりとして使います。

  • -20℃~250℃の耐熱温度(※)でそのままオーブンで使える(レンジ・食洗機も可)
  • 何度も洗って繰り返し使える
  • 水分が抜けてべとつかない

※耐熱温度は商品によって差があり、300℃以上の耐熱性能がある製品もあります

毎回パンを焼くとき、使い捨てオーブンペーパーだともったいない!って毎回思ってました。

ペーパーを繰り返し使ってみたこともあるのですが、だいたい3回が限度。

しかも生地の水分でシワシワになるならまだいい方で、破れたり、焼いたパンにくっついたり。

浅葱

さすがにクッキングシートは繰り返して使うのはムリ!

ちびあさぎ

でもシルパンなら何度使ってもOK。

耐久性も約2000回ほどで、1日1回使っても約6年もつ計算に。

コストパフォーマンスも最高ですね。

シルパンの外観レビュー

私はAmazonで購入。

購入時1,000円前後だったので、私の場合は1年もすれば元が取れる価格です。

サイズは27㎝くらい。トースターにちょうど入るサイズの正方形タイプを選びました。

第一印象は、滑り止めシートみたい。

サラサラせず、ゴムマットみたいなイメージです。

作業する時には滑り止めになって便利かな。

しっかり穴の開いたメッシュ状。

ここから水分が抜けるんですね。

この網目状はメリットにもデメリットにもなるので、焼く生地によっては網目のない「シルパット」を使うほうがいい場合もあります。

サイドの赤い部分はシリコンで埋められて補強されていますが、気にせずハサミでカットして使ってもOK。

自宅のオーブンやトースターのサイズに合わせて、あるいはパン型に合わせてカットしておくと便利かもしれません。

しまう時はくるッと巻いてます。

折り目が付きそうなのでたたむことはしませんが、こうやって置けばスペースもとらずに収納可能。

うちでは水筒などと一緒に並べてます。

シルパンの使用感 パンを焼いてみました

さて届いたシルパンはまず一度洗って、それから早速パンを焼いてみます。

私が焼くのは水分多めの生地。

水分を放出したいので金属トレーも使わずにトースターに直乗せです。

ヒーターの熱が直接マットに当たりますが、大丈夫。

そして焼き上がり!

熱くないので素手で取り出せるのもラクでいいですね。

そしてキレイにはがれ、……なかった!

ちょっとくっついてがっかり、と思ったけどすぐ取れた

チョッとくっついちゃいました。

網目のところに生地が入り込んだようで、はがすときにキレイに取れませんでした。

水分多め柔らかめのパン生地だからこうなんでしょうね。

後日硬めのパンを焼いたらくっつきませんでした。やはり水分が多すぎたか……

硬いクッキーとかなら恐らく大丈夫かと。

それにしてもこの目地に入り込んだパン、どうしようか。

せっかく洗えるといってもパンは水で流れないし、洗いにくかったらもう使いたくない……

と思ってたら、割りとあっさり落ちました!

スポンジ水洗いで簡単に。

たわしとかブラシとか必要なく。

マットをしっかり水に濡らすことで詰まったパンも水でふやけ、スポンジで簡単に取れるようになるみたいです。

洗いにくかったら使い捨てオーブンペーパーのほうがいいかもって思ってましたが、杞憂でした。

ちなみに食器洗い機に放り込んだらもっと簡単でした。
目詰まりも完璧に落ちます。
食洗機はもともと油汚れに強いので、生地にバターなどを使う場合は特に便利です。

あわせて読みたい
工事不要のタンク式食洗機10種以上を徹底比較!一人暮らしや狭いキッチンでもおすすめ! 一人暮らし、仕事から帰ってきたら食器の山。 こんな経験ありませんか? 自炊するほうが節約になるし、料理も嫌いじゃない。 でも食器洗いは大嫌い! そんな方には食器...
洗った後は雑に干してます

もっと水分の多いものにも使ってみました

網目が無いほうが便利?シルパットと比較

シルパンは網目状になっているので、水分が抜け出てべとつきません。

でも水分が出ないほうがいい生地もあるし、目地に詰まるのはちょっとめんどくさいかも?って思うこともあるかもしれません。

そんな時は網目状になっていない「シルパット」を使うのがおススメ。

シルパットとは、シルパンと違いメッシュ状になっていないオーブンマット。

それ以外はシルパンと同じで、洗って繰り返し使用したりオーブンで使ったりできます。

パンやお菓子の作業マットにもできます。

マットの上で生地をこねて、そのままオーブンへ。

洗い物も減って便利ですね。

シルパンはのメリットはコストだけじゃない!

シルパンを使うメリット
  • 毎回ペーパーをカットする手間がなくなった
  • ペーパーがくるくる捲れるイライラから解放された
  • 金属トレーにのせる必要がなくなった

正直「使い捨てもったいない!繰り返し使えるほうがコスパいい!」という気持ちだけで買ったのですが、それ以外にもいいことづくめ。

電子レンジでも使えるので、他にもいろんな使い道を生み出せるかも。

Amazonの購入レビューにも「トースターに敷いてパンくずが落ちるのを防止するために使っている」なんて人もいて、アイデア次第でいろいろできそうです。

もちろんコストパフォーマンスだけを見ても「買い」です。

だって安いし。

パンやお菓子を作る人は一度試してみて下さい。

目次