歩きやすい長靴を探しているあなたへの防水レインブーツ【ワークマンPVC防水シューズ】

歩きやすい長靴レインブーツ

長靴って歩きにくくないですか?

普通の靴と同じように歩けたら。

私も外回りの仕事をしているので、雨の日に歩きやすい靴を求めていました。

自分は農作業とか工事現場などの必ず長靴が必要な仕事ではないので、履くのは雨が降った時だけです。

なので雨の日に長靴を履いて仕事をしているときは、普段より歩きづらさを強く感じてしまいます。

そんな時、完全防水のレインブーツを見つけました。

ワークマンで売っているものなので、性能も安心!

歩きやすそうだし、防水で、安い!

今までレインブーツというのはおしゃれなもの、仕事に履くなんてもったいないという概念がありました。

でもこうしたレインブーツならば仕事にも使えるし、歩きやすそう!

あと安い!

というわけで買ってみました。

使用レビューを紹介します。

スポンサーリンク

ワークマンの防水ブーツレビュー 仕事にも普段使いにもOK

今回買ったのレインブーツはワークマンで人気のモデルです。

お値段たったの1,500円!

レインブーツってもっとするものだと思ってました。

男女兼用で、サイズも豊富なうえ誰もが使いやすいデザインです。

ワークマン以外にも、Amazonなどの通販サイトでも取り扱いがあります。

ワークマンのほうが安く購入できますが、オンラインショップではまとめ買いしないと送料がかかります。

実店舗が近所にないならなら割高でも通販サイトを使うのも一つの方法です。

元が安いので、割高といっても通常の靴と大差ない価格です。

ワークマンのレインブーツは大人気!口コミ・評判を紹介

価格・デザイン・使いやすさの3拍子揃った感が人気に拍車をかけていますね。

外観レビュー 普段使いもしやすいデザイン

やっぱりデザインがいいですね。

ロゴも入っていて、間近で見ない限りは安っぽい感じはしません。

裏地までおしゃれです。

ワークマンレインブーツ裏地
裏地も迷彩柄

ただ間近で見ると・・・

いろいろほつれ的なものがありますね。

さらに切れ端的なものまで同梱されていて、うん、まあ安いから・・・。

(後でほつれ修理しとこ・・・)

ブーツなのでベロの部分の切れ込みがあるため、最上部までの防水はありません。

といっても大体靴紐穴の真ん中ぐらいの高さまではつながっています。

深い水たまりに入らなければ大丈夫でしょう。

(靴紐穴の3番目よりちょっと上まではつながっていました)

靴裏は滑りにくそうな感じ。

ワークマンレインブーツ靴裏

雨の日の使用はもとより、キャンプや釣りなどのアウトドア使用も向いていそうです。

安いので、いろんなところで使ってみたいですね。

使用レビュー 足首が曲がるから歩きやすい!

自分が防水以外に長靴に求めていたことは3つ。

  1. 歩きやすいこと
  2. 長持ちすること
  3. 安いこと

です。

今回のレインブーツはこの3つをしっかり満たしています。

水場の作業をするような状況では使わないので、雨をしのげれば良いだけ。

なので普段の靴のような歩きやすさが欲しかったのです。

足首が曲がるから歩きやすい

長靴の歩きにくい一番の原因は、足首が曲がらないこと。

足首まで完全にカバーするためうまく曲げることができずに、歩きにくくなるのです。

レインブーツは長靴同様に足首までカバーしますが、ベロの部分があるので足首を曲げることができ歩きやすくなります。

破れにくく長持ち

また長靴は足首部分が無理やり曲がるので、その部分が破れ穴が開くことも多いです。

一歩一歩歩くごとに何度も何度も折れ曲がるので、疲労劣化して裂けてしまうんですね。

仕事で長靴を使う方のあるあるです。

レインブーツは長靴より短いので、ムリな曲がりが発生しにくく、長持ちすることが期待できます。

結果的にコストパフォーマンスも良くなりそうです。

しっかり足にフィットする

長靴と違いフィット感があるので歩きやすいです。

中でぶかぶかしたりしません。

長靴ってフィットしていないと中で靴下が脱げるものまでありますからね。

あるいは摩擦ですぐに靴下のかかとに穴があいたりとか。

そういった長靴の欠点もないので快適です。

ブーツは靴ひもでさらにフィット感を調節できます。

サイズはスリム

スリムなデザインのため、日本人に多い甲高幅広の方にはきつく感じるかもしれません。

ええ、自分もそうでした。

ワンサイズ大きいものを買って、インソールで調整するなどの方法も一つの手かもしれませんね。

Amazonなどには他にも安い防水レインブーツがありますので、幅広な商品を探すのも良いかもしれません。

クッション性はありません

アウトソールは長靴のそれとほぼ変わりません。

クッション性は全く期待できません。

山歩きなど土の上メインで使う方なら大丈夫ですが、アスファルト上で歩き続けるにはインソールで対応したいところです。

やはりワンサイズ大きめを買って、クッション性能のあるインソールで調節するのが良いですね。

着脱しやすさは長靴 フィット感はブーツの勝ち

ブーツは脱ぎ履きしにくいものですが、これも同様です。

履きにくさはフィット感、歩きやすさにもつながるのでデメリットというべきか迷いますが、脱ぎ履きを頻繁にする人には向いていないかも。

逆に靴紐で固定できるので、長靴のようにぶかぶかしたり靴の中で足が動いたりを防ぐことができます。

歩きやすさをとるか、脱ぎやすさをとるかといったところでしょうか。

とはいえかかとの部分にプル・ストラップもついているので、履く際にそこまで時間がかかるということはありません。

あくまで長靴と比べて、です。

重さはそこそこ

長靴同様の重さがあります。

丈が短いぶん長靴よりは軽いですが、普段使用する靴としては重め。

特に靴底(アウトソール)が重いようです。

デザイン的には普段使用できますが、晴れた日には普通の靴を使いたいくらいには重さを感じます。

長靴でもEVA素材を使っている軽量長靴がありますので、用途によってはこちらのほうが良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ワークマンで買う?Amazonで買う?

ワークマンでの取り扱いで人気になったこのブーツ、AmazonやYahoo!ショッピングなどでも取り扱いがあります。


ちなみにワークマン価格が1500円。

他の通販サイトだとちょっと高めです。

ただワークマンの公式ネット通販だと送料無料になるのは10,000円からなので、近所に店舗がない場合はAmazon等で購入するのも良いのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました