【ペンキ染め】 ジーンズの色落ちやTシャツをカンタンにリメイク!

部屋づくり・DIY・インテリア

ジーンズも色落ちしてきたなぁ・・・
よし、ペンキで染めよう!

ペンキで染める!?

ペンキで衣類が染められるのを知ってましたか?

ひたして、絞って、乾かすだけ!

実は草木染なんかよりもカンタンなんです。

煮込んだりとか、媒染剤を用意したりとか一切不要!

そんな「ペンキ染め」を紹介します。

ペイントアートではなく、“染め”です。

 

スポンサーリンク

ペンキ染めに必要な準備

使うのは水性ペンキ。あるいはアクリル絵の具でも可。

文房具屋でもホームセンターでも、あるいは100円ショップでも置いてあります。

えっ?水性!?洗ったら落ちちゃわないですか?

大丈夫。水性ペンキは乾くと水に溶けません。

水性ペンキの特徴

水性ペンキの特徴
  • 水で延ばせる
  • 混ぜ合わせて好きな色を作れる
  • 乾くと水に強い

ペンキを使ったことない人には誤解されがちですが、水性ペンキは乾くと水に溶けません。

水彩絵の具や水性ボールペンは乾いても水ににじんだりしますが、ペンキは乾いた後は水に反応しません。

そのため屋外でも普通に使われています。

油性ペンキのほうが一般的にはがれにくいとされていますが、延ばすだけでも溶剤が必要だったりして面倒です。

個人レベルの使用なら水性ペンキ一択です。

水性ペンキ染めのメリット

安い!カンタン!が大きなメリット!

安くて簡単に手に入る

水性ペンキはお手軽に買える値段ですし、ホームセンターから100円ショップまでいろんなところで売っています。

始めるハードルが低くなります。

好きな色にできる

水彩絵の具のように混ぜて好きな色にできます。

安価で自由な色を出せる染料なんてそうは無いですよね。

使うのはペンキのみ

草木染めなど天然材料の染色剤を使う場合、塩やミョウバンなどの媒染剤が必要になります。

媒染剤とは、繊維に染料を固着させる役割で使います

こうしたものが必要ないのもコストがかからず良い点ですね。

浸すだけ

染料によっては煮込んだりする必要もありますが、こちらは水に溶かすだけ。

とてもシンプルです。

ペンキ染めのデメリットは?

大きなデメリットはごわごわになること。

着るのに不便を感じるほどにはなりませんが、衣類の質感が変わってしまう場合もあります。

タオルも吸水性が落ちる場合があるので、バスタオルなどの吸水を目的としたものには避けたほうがいいかもしれませんね。

逆に元から硬い生地のジーンズなどには最適の染め方です。

ペンキ染めの手順

今回はジーンズを染めます!

色の薄くなったジーンズ、破れたわけじゃないのにもう履きたくなくなっちゃいます。

染める前の色あせジーンズ

必要な準備

必要なもの
  • ペンキ
  • バケツや洗面器
  • ビニール手袋
  • 緊急用の雑巾
  • その他飛び散り防止の新聞紙など
ペンキ液の飛び散りには注意!
水性ペンキは乾くと水に溶けません。
つまり、とるのが困難!
浴室で行う場合でも、周囲に新聞紙を敷くなどの対策が必要です。

庭など、飛び散っても大丈夫なところでできればベスト!

乾く前なら雑巾でふき取れますし、服についても水洗いで落ちます。

バケツや手袋もすぐ洗えば大丈夫ですが、万が一色が取れなくなることもあり得ます。

洗面台などで染めるのはやめたほうが良いですね。

ペンキ染めの手順

  • STEP1
    好きな色を作る
    絵具と同じように混ぜて好きな色を作ります
  • STEP2
    水で溶く
    少量の水で溶きペンキ液にします
  • STEP3
    染める
    染めたい衣類にしみこませます
  • STEP4
    乾かす
    絞ってから乾かします
  • STEP5
    乾いたら洗濯
    そのままではごわごわなので洗濯します

好きな色を作る

水性ペンキは水彩絵の具と同じように混ぜ合わせて好きな色にできます。

DIY塗料として人気が高いのもうなずけますね。

水に溶くので、染め上がりはペンキ本来の色より薄めに出ます。
濃い色にしたい場合はペンキの量を増やしたり水を減らしたりします。

今回は濃い色ジーンズを作りたいので混ぜ合わせずに黒のみを使用します。

少量の水に溶く

バケツなどに少量の水を入れ、混ぜ合わせて好みの色にしたペンキを入れます。

水の量は染めたいものがちょうどしみこむくらいのごく少量。

多すぎても無駄になってしまいますからね。

水は後から足すこともできるので、最初は少なすぎるくらいがちょうどいいです。

ペンキ液作成

うん、言ってるそばから水多すぎますね・・・

染める

染めるものを入れ浸すだけです。

ジーンズ染め

ビニール手袋で、もみこむ!もみこむ!

ペンキ液が余ったからTシャツも染めてみよう!

その後はぎゅっと絞ります。

乾かすときに液だれすると周囲に被害が出てしまうので、ここはきっちりと。

 

もしも洗濯機に色がついたら困る場合は脱水機は使えませんが、ついても平気なら脱水機推奨。

乾かす工程での飛び散り被害がなくなります。

余ったペンキ液の廃液は普通に流しや排水溝でOK。
原液を流してはいけませんが、水で十分に薄めたものは流しても大丈夫です。

染める前の色あせジーンズ

アタリの部分まで染まりました。この時点では濃淡が無くのっぺりとした印象です。

「アタリ」とは、ジーンズの擦れた跡のことです。
色落ち自体が風合いとして出るのがジーンズの魅力ですね。
特に座った時にできる股の部分の横線は「ヒゲ」と呼ばれます。

色の濃さも写真ではわかりづらいですが黒めに染まっています。

ただ思ってたよりは薄かった・・・

だから水を入れすぎですって!

乾かす

乾かします。この時も水滴に注意。

ジーンズはきっちり絞れなかったので、ダンボールの上に敷いて乾かします。

ジーンズ乾かし

ジーンズなどの厚手の生地を手絞りした場合、しっかり絞れていなくて水滴が垂れてくることがあります。
その場合はダンボールの上に新聞紙を敷き横にして乾かすなど、水滴が垂れない工夫が必要。
ハンガーを使って干すときは、下に新聞紙を敷くなどの対策が必須です。

Tシャツはぎゅっと絞ってハンガーに

洗濯する

乾いたら一応は完成・・・なのですが、そのままだとゴワゴワです。

なので一度洗濯機にかけましょう。

ペンキ染めは色移りしにくいですが、念のため初回は他のものと分けて洗いましょう。

これで柔らかくなりました。

乾いたら完成です。

ペンキ染めの染め上がりは?

これが完成品。

染め液が薄かったため、黒ジーンズにはなりませんでした。

でもむしろほどよく濃くなって、本来の色に戻った感じです。結果オーライ(笑)

染めた時には消えていたアタリも、乾かすとまた出てきていますね。

後ろはより濃く染まりました。ペンキ液のしみこみにムラがあったのかな?

生地は少し硬くなった印象はありますが、ほんのちょっとです。

そしてTシャツ。

特に絞り染めしたわけではありません。

ただ浸して水を切っただけなのに、いい感じに模様がついて染まってくれました。

これはうれしい誤算!

Tシャツは生地がもともと薄いため質感もほぼ変わらず。

特に硬くなった感触はありませんでした。

布用ペンキも使ってみよう

ジーンズにペンキというのは実はメジャーな塗装法。

今回のように染める手段として用いるのは稀ですが、ペイントアートとして文字をかいたりグラデーションを作ったりされています。

ですので、「布用ペンキ」とか「布用絵の具」というものもあります。

生地のゴワゴワ感が少ないので、普通の水性ペンキを使うのはちょっと・・・という人にも使いやすい塗料です。

布用の塗料は実店舗で買う場合、ホームセンターよりも手芸店や東急ハンズなどで探すほうが見つかりやすいです。

おまけ デニム染めには専用の染料もあるよ

ペンキ染めのメリット
  • 安い
  • 煮込んだりなどの手間がない
  • 媒染剤は必要なし
  • 好きな色を混ぜて作れる

今回は安くて簡単なペンキ染めをしましたが、ローコストでジーンズを染める染料もあります。

この「ダイロン(DYLON)」はジーンズを簡単にきれいに染められるので人気の商品。

値段も500円前後とローコスト。

もちろんジーンズ以外も染められます。

い、いや、ペンキ染めのほうが安いし・・・(震え声)

今度はこっちも試してみましょうか

ジーンズを簡単に染められる手段がいろいろあると、色落ちを怖がらずに洗濯できるので清潔に使えますね。

タイトルとURLをコピーしました