【1,598円→500円】自宅に届くスペシャルティコーヒー>>

図書館の本の返却忘れや読み忘れを防ぐ!忘れないための方法

図書館の本の返却日忘れや読み忘れを防ぐ方法!

図書館の返却日過ぎてる……

返却日明日だけど読むの忘れてて間に合わない……

図書館ユーザーあるあるですね。

私も図書館をよく利用しますが、返却日を忘れるどころか、読むこと自体忘れててそのまま返却することも何度もあります。

そうならないためには、目に付くところに置いておくのが最適。

こうして飾っておけば忘れませんね。

返却日忘れや読み忘れを防ぐ方法を紹介します。 

借りた本は目に付くところにディスプレイ

どうして忘れるのか。

それは思い出すことがないから。

なので忘れても思い出すように、部屋の目に付くところに置いておくのが一番です。

……といっても出しっぱなしにしておくだけじゃただの邪魔。本も汚れてしまうかも。

なので、飾っておくのはいかがですか?

  • イーゼル(スタンド)を用意します

  • 棚など目に付くところに置きます
  • 借りた本を飾っておくと日常で何度も目に付くので忘れません

こうして目に付くようにしてあげれば、時間があるときに読もうかなと思いだすことができます。

表紙のデザインがよい本は飾っておくことでインテリアにも。

返却日ごとに別な本がディスプレイされるので、毎回新鮮な気持ちになれますね。

返却日を忘れないようにするためには

返却日を忘れてしまいがちな人は、カレンダーに貸出票をクリップできるようにしておくのも便利。

こうしてよく目にするカレンダーにクリップしておくと忘れません。

貸出票がない図書館なら貸出カードをクリップする、なんと方法もいいかも。

リマインダーでもう一押し!

それでも不安な人は、Googleカレンダーに返却日を入れると安心。
「リマインダー」「メール通知機能」があるので忘れることがなくなります。
スマホにあらかじめアプリを入れておくと数秒の操作なので、手間もかかりません。

インテリアとしても気に入ってます

返却や読み忘れをしないように考えた方法ですが、本を飾ること自体がインテリアとなり、借りる楽しみが一つ増えました。

週替わりでデザインが変わる絵画のよう。

図書館をよく使うのに忘れちゃうという人におすすめです。

タイトルとURLをコピーしました