コーヒーミルをおしゃれなスパイスミルにしてみませんか?

コーヒーミルをスパイスミルに 生活・お役立ち
  • スパイスは粉末で買うと日持ちしない。
  • ホールで買うと香りが落ちにくいし安く買える。
  • でも大量のスパイスをいちいちミルで引くのは大変!
そんな時、コーヒーミルが活躍します。

こんにちは。コーヒー好きな浅葱です。

~~■Pヽ( ̄▽ ̄*) アサノイッパイ♪

そしてこれが浅葱のコーヒーミル!

お気に入りです。

買ってよかった(*´▽`*)

 

でも今回はこれにコーヒー豆は入れないのです。

 

 

スポンサーリンク

珈琲ミルはインテリアとしてもおしゃれ

いいですよね、コーヒーミル。

これだけでキッチンが映えます。

男性のキッチンにあったらとても似合う!

もちろん女性が使っていてもカッコいい印象になります。大人な感じがします。

電動ミルも便利ですが、このアンティークを感じるフォルムはやはり独特の雰囲気があります。

 

そして浅葱が使っているコーヒーミルはこのタイプ。

ドーム型の手挽きミルです。

レトロな見た目で、キッチンのインテリアって感じがします。

ほこりが入りにくいという点で実用的でもあるんですよ。

 

んで、これが浅葱の毎日飲むコーヒー。

 

ドリップパックじゃん!

いや、結局一人暮らしだと湿気や香りの問題もありまして・・・

個包装が便利!(※個人の感想です)

んじゃ、インテリアのためだけに買ったんですか?

いやいや、ちゃんと活用しています。

かっこいいし、インテリアアイテムとしてだけ考えてもアリかなとは思います。

でもちゃんと活用してますよ。

 

それは・・・スパイスミルとしてです。

 

スパイスミルとしてコーヒーミルを使う

皆さんは料理にスパイスを取り入れていますか?

あまり使わないけど、ブラックペッパーくらいは持っているという方もいるでしょう。

 

浅葱はというとスパイスからつくるカレーにハマった時期がありまして、その延長から普段の料理にもクミンやペッパーを使っています。

その過程でミルもいろいろ試したんですが、小さいスパイスミルは使いにくい!

例えばこんなの。

\ウサギだよー/

 

見た目もかわいく、片手でつまむだけで挽けます。

しかもマグネット付きなので普段冷蔵庫に貼り付けておき、使う時にサッと取り出せる!

便利そう!と思って買ったのですが、出る量が少ないです。

 

カレーに使おうと思ったら、冗談抜きに100回は挽かないと足りません。

( ̄u ̄;) ハァハァゼェゼェ…あと80回…

卓上で、食べる時に使うには便利でしょうけどね。

 

他にもセラミックのミルを壊した経験もあり、良いミルを探していました。

セラミックは丈夫そうに見えて細い部分があり意外と折れます。

そんな時にコーヒーミルに出会ったのです。

 

メリット

大量に作れる

ビンからドバっと投入!

本来コーヒー豆という大粒のものを入れる前提で作られているので、大きなホールのスパイスでも一気に粉砕できます

前述のようなカレー作りが目的なら大量に必要としますし、そんな時に大活躍です。

もちろん少量でも、卓上ミルより使いやすく便利です。

使ってみると分かります。

たくさんスパイスを作る際には「電動スパイスミル」という選択肢もあるのですが、そんなもの必要ないくらいすぐに大量のスパイスをさばけますよ。

壊れない

小型ミルはプラスチックで、挽く部分だけセラミックや金属で作られています。

細かい部品でできているため、使用中に折れることもあります。

手挽のコーヒーミルはボディーは木製、ミル部分は投入口も含め金属製なので壊れません

刃がセラミック製のものも、シャフトは金属製なので折れません。

逆にどうやって壊すんだというくらい頑丈です。

インテリアとして

冒頭の通り、インテリアとしても優秀です。

実際スパイスミルにも大容量のものも電動のものもちゃんとあるんですけれど、デザインまで考えるとコーヒーミルかなって思います。

珈琲ミルが似合うキッチンをコーディネートしたい。

デメリット

香りが混ざる

ひとつのミルで様々なスパイスを挽くため、香りが干渉します。

カレーのようにいろいろなスパイスを混ぜて使うものは良いのですが、単独で使いたい場合、以前使った香りが邪魔になることも。

珈琲に使えない

同じ理由で香りが移るため、本来の用途であるコーヒーに使えなくなります

スパイス同士で混ざるなら気にならないことも多いですが、コーヒーだとダメでしょうね。

 

使っていない珈琲ミルをスパイスミルに転用することはできますが、逆はできません。

 

スパイスは大量に買うとコスパが良い!

スーパーには小瓶のスパイスが売られています。

あれって意外と高いので、スパイス料理って割高と感じている方も多いのでは?

ですがスパイスはまとめてホールで買うととても安いんです

多くの商品で大容量のものを買うほうが割安になりますが、スパイスはそれが顕著です。

例えばヱスビー食品のコリアンダーの小瓶13gが151円、一方100gのホールは一袋350円で売られています。

(当記事執筆時点・Amazon価格参考)

なかなかスーパーには大袋のスパイスは置いていないことが多いのですが、Amazonなどネット注文では容易に手に入ります。

実店舗だと業務用スーパーには比較的置いていますね。

 

それにスパイスはパウダー(粉末状)よりもホール(挽く前の状態)のほうが日持ちもするし香りも長持ちします

ミルがあれば袋買いで購入できるので、値段も日持ちも気にせず気軽にスパイスを料理に取り入れていけますよ。

ジャムの小瓶に入れておけば、ビンそのものがインテリア

スパイスを気軽に使ってみよう

別に「スパイス料理」って構えなくても、もっと簡単に料理に使っていけるもの、それがスパイスです。

たとえば「クミン塩」。


こういった調味料的な使い方も料理のバリエーションを広げます。

 

そんなクミン塩の作り方はこちらを参考に。

といってもクミンを粉にして混ぜるだけなんですが。

出典: cookpad

Cpicon 万能☆クミン塩 by 姫と凛とあ〜のママ

いざ作ろうとなると少し手間に思えますが、コーヒーミルをスパイスミルとして使えば1分くらいでできてしまいます。

料理が楽しくなりますね。

タイトルとURLをコピーしました