電熱ヒーターパンツレビュー 一人暮らしの暖房費をたった1円に!

電熱ヒーターパンツレビュー 生活・お役立ち

室内の防寒用にヒーターパンツ(電熱パンツ)を買ってみました。

一人暮らしの冬は寒い!

仕方がないので暖房をつけるわけですが、光熱費は生活費に直撃!プロパンガスだとさらに倍!

そんなこんなで、一人暮らしの部屋でコストパフォーマンスの良い防寒方法を探し続けてきた浅葱です。

今回試してみたのは「ヒーター(電熱)パンツ」。ヒーター内蔵のズボンで、『着る暖房』といえるモノです。

電熱ヒーターパンツ

これだと室内を温めなくていいから暖房費も安いはず!しかもこたつやカーボンヒーターと違って室内どこにいっても温かいはず!

でも使い勝手はどうなの?

以下に使ってみたレビューを紹介します。

[追記:他のメーカーのものもレビューしました!こちらのほうがおススメかも]

電熱ヒーターパンツレビュー 電熱ウェア上下同時使用がベスト!【国内販売品】
電熱ヒーターパンツのAmazonの国内販売品レビュー。ワークマンとの比較も。気になる電気代や操作感、履き心地やバッテリーの持ち、メリットデメリットと解決法などを紹介。ヒーターベストが注目されていますが、ボトムスも防寒には効果的です。

 

スポンサーリンク

ヒーターパンツ(電熱パンツ)の性能

今回はAmazonで買いました。

僕が購入したときの価格は4,000円ほど。生地はスウェット位の厚さです。

ポケットの部分にUSB端子がついていて、ここにモバイルバッテリーをつなげて発熱する仕組みです。

バッテリーは付属していませんが、お持ちのスマホ充電用のモバイルバッテリーでOK

専用バッテリーがないことが逆に自由度が高いともいえます。

バッテリー付属のほうがオトク感があるかもしれませんが、実際はバッテリー側が故障した場合や2つほしい時などに個別購入が難しいことがあります。

こちらの商品は安いバッテリーを自分で購入できるうえ、すでにモバイルバッテリーを持っているならそれを利用してもOKです。

スイッチは長押しでON/OFFの切り替え。一つ押すごとに3段階の温度調節が可能です。

ヒーターパンツ高温

高温:45℃

ヒーターパンツ中温

中温:35℃

ヒーターパンツ低温

低温:25℃

[スイッチONの時に、下記の部分が温まります]

ヒーターパンツ加熱部位

メリットはコスパと動けること

ストーブやエアコンで部屋全体を暖めると光熱費がかかります。

一方こたつやカーボンヒーターなど一部分を暖める暖房器具は当然電気代が小さく済みますが、基本その部分しか暖かくないので動くのが面倒になります。

冬場の光熱費は何とか節約したいもの。

ヒーターパンツなら

  • コスパが良い
  • 部屋のどこへ行っても暖かい

というメリットがあります。

 

レビュー 実際にはいてみた

伸縮性

というわけではいてみたわけですが、一つ大きなミスをしました。

(゚д゚)<サイズ合わない!

 

実はこの製品男性用と女性用でヒーターの数が違うんです。

男性用は腹部のヒーターがないんですね。どうやら前方のチャックがあるからのようです。

 

でも自分の部屋で使うし、チャックより腹部のヒーターのほうが欲しい→じゃあ大きいサイズの女性用をはけば男性でもOKじゃね?という愚かな発想から、ウエストのサイズを頼りに大きめ女性用を買いました。

結果ウエストぴったりで、太もも部がキツキツでした。
シッパイシッパイ(・_・ゞ-☆

皆さんは自分の性別に合った商品を買おうね(こんなバカやるのは自分だけでしょうが)。

 

しかし伸縮性があり、意外とはけるんですよ。

うん、結果オーライ。

ちなみに使用してからわかりましたが、膝部分のヒーターだけで十分暖かいです。お腹なんて冷えることはまずありませんし。

暖かさ

裏起毛のため、電源OFFでも結構暖かいです。

ヒーターパンツ裏地

そして電源を入れると・・・すぐに暖かくなります。すぐです。結構早いです。

じんわりと暖かい感じ。「強」だと熱いかもしれません。最初だけ「強」で、温まりを感じたらすぐ「中」に切り替えました。

本来は室外使用を想定しているでしょうし、当然といえば当然。

低い温度だと長時間持つので、休みの日に1日中はいていてもバッテリーがもちそうです。

スイッチ部分の操作性は良い

スイッチ部分は押し心地が良いため、感触を頼りにボタンを見ずに操作するもの簡単です。

熱効率を上げるために上からさらにズボンをはいてもみましたが、それでもボタンが押しやすかったです。

ヒーターパンツ重ね履き

ジーンズの下から光が透けて見えます

ズボンをはくとスイッチが見えなくなるのですが、ズボンの上から普通に押せます。

使用時間は?

公式では6000mAhバッテリー使用時、

  • 「強」:3時間
  • 「中」:6時間
  • 「弱」:9時間

とのこと。フル充電のバッテリーで1日中使えそうです。よっぽど寒くないと高温でずっと使うこともないでしょうし。

実際使用してみると、暑くなってスイッチを切った時間帯もありました。

モバイルバッテリーは10000mAh以上のものも安く売っています。バッテリーの持続時間については問題ないでしょう。

気になった点(デメリット)

生地の厚さが中途半端

インナーにするには厚過ぎ、アウターにするには薄すぎなんです。

生地はちょうどスウェットくらいで、それだけで過ごすには微妙な保温性です。

上からジーンズをはいてもみたのですが、それだと結構きついです。

タイトなズボンだと上からはけないので、ゆったりしたカーゴパンツなどをはくことをおススメします。

もちろんこれ1枚で過ごしてもいいんですが、それで大丈夫な室温ならヒーターパンツじゃなくてもいいじゃんとなりますよね。

ポケットが小さめ

ポケットにはモバイルバッテリーを入れるのですが、座った状態だとバッテリーが邪魔です。

浅葱の使用したバッテリーはスマホとほぼ同サイズの大きさ。

座れないほど邪魔にはならないんですが、気になる・・・

できるだけ小さめのモバイルバッテリーを利用するのが良いですね。

 

気になる電気代は?

電気代は、1日当たり1円程度です。

電気代の算出方法は、モバイルバッテリーのワット時と電気料金を掛けて求めます。

例えば僕の持っているモバイルバッテリー10000mAは37Wh、電気料金は29.5円(1kWhあたり)なので、1日にこのバッテリーを使い切った場合の電気代は、

37×29.5÷1000=1.0915円

伝達ロスを考えてもほぼ1円といったところです。

 

その他の暖房器具を使用した場合、こんなに安くはなりませんね。

商品価格にバッテリーを追加購入することを考慮しても1シーズンで元がとれそうです。

バッテリーは小さめサイズで

先ほども書いた通りポケットが小さめという欠点があるため、お手持ちのモバイルバッテリーが無く購入する場合は小さめサイズをおススメします。

そこでサイズがコンパクトな、Amazonでも人気のバッテリーを2つおススメします。

RAVPower RP-PB060 6700mAh

このバッテリーは重量たった124gで、サイズもコンパクト。

5000mAh以上のバッテリーで最小・最軽量です。

価格も手ごろです。

Anker PowerCore 10000


こちらは重量183g。容量は10000mAhで、一日中使っても大丈夫でしょう。

こちらも容量のわりに手ごろな価格です。

温活には下半身の防寒が重要です

「温活」とは、低い状態の体温を適正な温度まで上げることです。

体温は1℃下がるだけで代謝が10~20%、免疫力が30%低下します。

体温をあげることによって体機能を高め、美容や健康維持につながります。

血液の70%は下半身にあります。

下半身は心臓から遠く、血行が悪くなりがち。

身体を効率よく温めるには下半身の防寒が大切になってきます。

室内の『着る暖房』として、選択肢に加えてみて下さい。

電熱ヒーターベストレビュー アマゾン販売とワークマン製の比較も
電熱ヒーターベスト(ホットベスト)USBでモバイルバッテリーが使えるタイプのレビュー。Amazon販売品とワークマンの着るこたつの愛称で知られる人気商品を見やすく比較。気になる電気代の計算方法やおススメバッテリーも紹介。

※追記:他のヒーターパンツもレビューしました

電熱ヒーターパンツレビュー 電熱ウェア上下同時使用がベスト!【国内販売品】
電熱ヒーターパンツのAmazonの国内販売品レビュー。ワークマンとの比較も。気になる電気代や操作感、履き心地やバッテリーの持ち、メリットデメリットと解決法などを紹介。ヒーターベストが注目されていますが、ボトムスも防寒には効果的です。
タイトルとURLをコピーしました